助成金が広まらないのはなぜ?

助成金が広まらないのはなぜ?


助成金が広く活用されない理由

1.「わかりにくい」
助成金を利用しようと考えたときに厚生労働省のホームページで調べようとしても助成金の
名前が並んでいるだけでどれが自社にあっているのか、利用できるものなのか分かりづらい行
政機関の担当者に連絡をしても、こちらが欲しい情報とは違うことや専門用語ばかりで理解で
きない。結局自分で調べないといけないことが多い。結局理解するのに労力がかかるため申請
を断念してしまうということが多いです。

2.「面倒くさそう」
 助成金の申請を1つとっても、必要な書類や資料が十種類以上、その必要書類や資料も専門
用語が多くわからない。この資料作成であきらめてしまう企業様もいらっしゃいます。また、
事前準備が必要になる「法定帳票」や「就業規則」の整備への時間、行政機関の窓口が開いて
いる時間に直接足を運ばなければいけない時間を考えると業務の間片手間でできるような作業
ではないため申請をあきらめる企業様も多い状況です。

3.「もらえなさそう」
 上記1.2の課題を乗り越えてどうにか申請を行ったとしても、提出した書類に不備や不足が
あれば、また行政機関とのやり取りに時間がかかることに…。また、事前に準備していたもの
に不備等があれば不支給となってしまうことも…
 
以上3点の問題が考えられると思われます。
そこで社会保険労務士法人マッチアップをご利用ください!
お客様の書類準備の手間、不支給になるリスクを軽減することができます。
弊社と人財育成や人財の確保などについて考えながらその過程で助成金を獲得しませんか?

弊社では、助成金の無料診断も行っております。
お客様へどのような助成金が対象になるのかまた、どのような助成金がおすすめなのかご案内
させていただきます。助成金にご興味のある方はお気軽にご相談ください。

contact_bnr